Photo: GETTY

ボーイジーニアスは活動を休止すると報じられている。

フィービー・ブリジャーズ、ルーシー・ダッカス、ジュリアン・ベイカーから成るボーイジーニアスは2月1日にロサンゼルスでシークレットのアコースティック・ライヴを行っており、ソーシャル・メディアなどでは発表されていないものの、「今後しばらくは姿を消すことになる」と観客に語ったという。

記事執筆時点でその発言を捉えた映像はオンラインで確認できていない。

この日2回目の公演はファンが撮影した映像がインスタグラムで公開されている。その映像の中でルーシー・ダッカスは「最後の公演」と語っている。

https://www.instagram.com/reel/C21bh1ArPXJ/

その後、ルーシー・ダッカスは“Not Strong Enough”を演奏する時に一緒に演奏する最後の曲とも語ったが、フィービー・ブリジャーズは「not EVER」と訂正して、今後一緒にやる可能性を示唆している。

この日、ボーイジーニアスは“Cool About It”、“Satanist”、“Black Hole”、“Powers”、“We’re in Love”、フィービー・ブリジャーズの“Graceland Too”など13曲を披露している。

ボーイジーニアスは第66回グラミー賞で最優秀アルバム賞、最優秀レコード賞を含む6部門にノミネートされている。

また、ボーイジーニアスはグレッチのシグネチャー・モデルの詳細が発表されている。3人のサインをあしらったニッケル・ヘッド・バッジ、3人にちなんだ絵柄をデザインした指板インレイが施されたブロードキャスター・ジュニアが公開されており、価格は699.99ドル(約10万5000円)となっている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ