PRESS

Photo: PRESS

スキンドレッドのフロントマンであるベンジー・ウェッブが、1月29日に地元ウェールズのニューポートでガールフレンドと共にナイフによる襲撃の犠牲者となった件について、詳細を明らかにしている。

ベンジー・ウェッブは1月30日の朝にフェイスブックに写真を投稿しており、自身とガールフレンドのジュリー・クリスチャンが受けた暴行の際に負った他の傷とともに、首から顔にかけて縫合された傷を披露している。それに加え、ベンジー・ウェッブは自身がグラスを投げつけられ、ガールフレンドは「引っ叩かれた」ことを明らかにしている。

写真には次のようなキャプションが添えられている。「イッフィのパーティーに行ったんだけど、その帰り道で顔から喉にかけて切りつけられることになったんだ」

facebook.com/benji.webbe

Photo: facebook.com/benji.webbe

ベンジー・ウェッブによるフェイスブックへの投稿はこちらから。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10205787146625636

ベンジー・ウェッブは『メタル・ハマー』誌に対して「心配してくれたり、祈ってくれてありがとう。俺たちにとってとても特別で掛け替えのないものだよ。分かっていると思うけど、これはすごく苦しい試練なんだ」と語っている。

「幸いジュリーは体に傷は負わなかったけど、今回の事件では俺たち2人とも、大きな痛手を負うことになったんだ。俺は顔と喉を掻き切られて、ジュリーは俺にグラスを投げつけてきた女の集団に引きずり回されたんだ……でも、俺たちはこれを乗り越えて、ポジティブに、恋人同士でいつづけるつもりだよ」

「ニューポートは俺の故郷だし、ここでのコミュニティーに対する愛も変わらない。大丈夫だよ」

スキンドレッドは最新作『ヴォリューム』を昨年10月にリリースしており、2月14日のヴァレンタイン・デーにCROSSFAITHとのツアーで来日することが決定している。

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ