GETTY

Photo: GETTY

ヴァンパイア・ウィークエンドのフロントマンであるエズラ・クーニグは、民主党の大統領選候補であるバーニー・サンダースを支持する理由を語っている。

エズラ・クーニグはダーティー・プロジェクターズのデイヴ・ロングストレスと共にアイオワでの集会でパフォーマンスを行っており、集会のあいだ、CNNに対してなぜ2016年の選挙で彼がバーニー・サンダースを支持するのかを訊かれて、答えている。

「何ヶ月か前に彼の著書を読んだんだ。90年代に書かれたものなんだけどね。でも、90年代、僕は子供で、クリントンの時代だけれど、どれだけ多くのことが間違っていたか簡単に忘れてしまってる自分に気付かされたんだ」とエズラ・クーニグは語っている。「そして、本を読んで、この人は党派に属さない人で、民主党も共和党も批判していて、今話しているのと同じことを当時から語っていたのに気付かされたんだ。それで、多くの人間にとって珍しい一貫性を持っている人で、たった一人の政治家であると分かったんだ」

エズラはこう続けている。「バーニーが民主党から出馬したことについてはクールなところがあると思ってるんだ。議会の下院でも長い間党派に属さず、上院でも唯一党派に属していない人だったわけで、組織の外部からやってきて、それを民主党に持ち込んでくれる人なんだよね。内部から出てきた人よりもずっとエキサイティングな部分があるんだよ」

エズラ・クーニグとヴァンパイア・ウィークエンドのドラマーのクリス・トンプソン、ダーティー・プロジェクターズのデイヴ・ロングストレスは、アイオワ大学のアカペラ・グループと共にパフォーマンスを行っている。

ヴァンパイア・ウィークエンドの楽曲である“Cape Cod Kwassa Kwassa”や“‘Unbelievers”のほか、ウディ・ガスリーの“This Land is Your Land”のカヴァーを「スチューデンツ・フォー・バーニー」と題されたイベントで披露している。

他にもこの日のイベントには、フォスター・ザ・ピープルやシンガー・ソングライターのジル・ソビュール、アイオワ出身の4人組のオウフル・パーディーズ、レターズ・トゥ・クレオのシンガーであるケイ ・ ハンリー、シンガー・ソングライターのミシェル・ルイス、コメディアンのザ・ルーカス・ブラザーズ、『ハンガー・ゲーム』に出演のジョシュ・ハッチャーソンらが出演している。

バーニー・サンダースの熱狂的な支持者でもあるキラー・マイクも出演を予定していたが、家族が亡くなったために出演を取りやめている。米大統領選は2月1日のアイオワ州での党員集会を手始めに候補指名争いがスタートする。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ