BBC/GUY LEVY

Photo: BBC/GUY LEVY

アデルが全米アルバム・チャートで3週間ぶりに1位に返り咲いたことが明らかになっている。

先週の全米チャートはパニック!アット・ザ・ディスコの通算5作目となるニュー・アルバム『ある独身男の死(Death of a Bachelor)』が1位を獲得しており、その前の週はデヴィッド・ボウイの遺作となった『★(ブラックスター)』が1位を獲得していた。

今週アデルの『25』は様々な指標を合算して116000枚相当のセールスを上げており、1位の座に返り咲いている。これまでの累計で『25』は全米794万枚のセールスを記録しており、次週800万枚を超えるものと見られている。

2位は3位から順位を上げたジャスティン・ビーバーの最新作『パーパス』がランクインしており、87000枚相当のセールスを上げている。3位はメガデスの通算15作目となるニュー・アルバム『ディストピア』が初登場となっており、初週で49000枚相当の売上となっている。これはメガデスにとって1992年発表の『破滅へのカウントダウン』で記録した2位以来の最高順位となっている。

4位にはトゥエンティ・ワン・パイロッツの『ブラーリ―フェイス』が、5位にはパニック!アット・ザ・ディスコの『ある独身男の死(Death of a Bachelor)』が、6位にはデヴィッド・ボウイの『★(ブラックスター)』がランクインしている。

その他のトップ10としては、クリス・ステイプルトンの『トラヴェラー』が7位に、ザ・ウィークエンドの『ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス』が8位に、グラミー賞のコンピレーションである『2016 GRAMMY ノミニーズ』が9位にランクインしている。10位はブライソン・ティラーの『トラップソウル』となっている。

アデルの“Hello”のミュージック・ビデオはこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ