DEAN CHALKLEY/NME

Photo: DEAN CHALKLEY/NME

マイルズ・ケインがポール・ウェラーが語った金言について思い返している。

マイルズ・ケインとアークティック・モンキーズのフロントマンのアレックス・ターナーは、ザ・ラスト・シャドウ・パペッツのセカンド・アルバムをリリース予定で、近頃『Q』誌のインタヴューに答えている。

マイルズ・ケインは次のように語っている。「ポール・ウェラーが僕に、30代が彼の人生の中で一番良い時だったと語ってくれたんだ。だから、かかってこいって感じだね。待ちきれないよ。ハメを外したいね!」

3月に30歳を迎えるマイルズ・ケインは力強く次のように付け加えている。「野郎ども、ハメを外すんだよ。あっちでも、こっちでもハメを外して、ティーカップともハメを外すんだ! 後であの木も相手にしてやるよ」

同じインタヴューで、マイルズ・ケインは、10年前になぜ彼がアークティック・モンキーズに加入しなかったかについて説明している。

2006年にアークティック・モンキーズの元ベーシストであるアンディ・ニコルソンの後任を探すときに、マイルズ・ケインが加入しそうになったりはしなかったのかと訊かれると、アレックス・ターナーは次のように答えている。「うーん、それはないな。なぜかというと、その頃は(マイルス・ケインが)丁度(つかの間しか続かなかった)ザ・ラスカルズの活動を始めたころだったからね。ちょうど同じ時期にそのすべてが起こっていたからね」

マイルズ・ケインがアークティック・モンキーズに決して参加しないという決断は、脚光を浴びたいという彼の欲望に起因するという。マイルズ・ケインは、以下のようにかたっている。「当時、僕は本当にフロントマンになりたいと思っていたんだ。まだフロントマンになったことがなかったしね。強い欲求があったんだ」

ザ・ラスト・シャドウ・パペッツは、4月1日にリリースされるセカンド・アルバム『エヴリシング・ユーヴ・カム・トゥ・エクスペクト』の詳細を先日発表している。

ラスト・シャドウ・パペッツは今春ツアーを行うことが発表されている。ツアー日程は以下の通り。

Edinburgh, Usher Hall (March 26)
Paris, Olympia (March 29)
London, Hackney Empire (April 1)
Liverpool, Olympia (April 2)
Sheffield, City Hall (April 3)
Amsterdam, Paradiso (April 7)
New York, Webster Hall (April 11)
San Francisco, The Fillmore (April 17)
Los Angeles, The Theatre at Ace Hotel (April 20)

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ