Photo: GETTY

U2はラスベガスのスフィアで行っている公演でシェイン・マガウアンに追悼の意を表して、ザ・ポーグスの“A Rainy Night in Soho”をカヴァーしている。

11月30日、シェイン・マガウアンは家族や友人に囲まれながら穏やかに亡くなったと発表されており、これまでピート・ドハーティやニック・ケイヴらが追悼の意を表明している。

U2は12月1日の連続公演でアコースティック・ギターによる“A Rainy Night in Soho”のカヴァーを披露している。

「シェイン・マガウアンのために僕らと一緒に歌ってくれ」とボノは曲を紹介する時に語っている。

ボノは曲の歌詞を次のように変えている。「MacGowan’s song is never over, but we may never find out what it means / You’re the measure of my dreams(マガウアンの曲が終わることはない。でも、その意味が分かることはないかもしれない/あなたは僕の夢の物差しなんだ)」

“A Rainy Night in Soho”は1986年にリリースされたEP『ポーグトリー・イン・モーション』に収録されている。ボノがこの曲を公の場で披露するのは初めてではなく、2018年に行われたシェイン・マガウアンの60歳誕生日コンサートでもジョニー・デップと共に披露している。

U2はインスタグラムで訃報を受けて次のように述べている。「シェイン・マガウアンの曲は完璧だから、彼や僕らファンはそうじゃなくてもいいんだ」

訃報を受けて、音楽界からは多くの追悼の声が寄せられている。ブルース・スプリングスティーンは次のように述べている。「シェイン・マガウアンはシェイン・マガウアンは史上最も好きなソングライターの1人でした。彼の音楽と歌詞にあるパッションと深い激しさはどんな最高のロックンロールの名作をもってしても無比のものでした」

ニック・ケイヴは「親友で、その世代の最も偉大なソングライターだった。非常に悲しい日だ」と述べている。「シェイン・マガウアンはその多彩な才能で尊敬されただけでなく、彼自身が愛されていた。美しく傷ついた男は他の誰とも違う純粋さ、無邪気さ、寛大さ、他の人にはない精神的な知性を体現していた」

ザ・ポーグスはフロントマンのシェイン・マガウアンが亡くなったことを受けて、“Fairytale Of New York”をクリスマス週の全英シングル・チャートの1位にしようという動きも起こっている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ