Photo: John Mcmurtrie

アイアン・メイデンのフロントマンであるブルース・ディッキンソンはニュー・シングル“Afterglow Of Ragnarok”がミュージック・ビデオと共に公開されている。

“Afterglow Of Ragnarok”はブルース・ディッキンソンのソロ・アルバム『ザ・マンドレイク・プロジェクト』から公開されるファースト・シングルとなる。9月にリリースが発表されたソロ・アルバム『ザ・マンドレイク・プロジェクト』は2005年に発表された『ティラニー・オブ・ソウルズ』以来、18年ぶりのソロ・アルバムとなる。

“Afterglow Of Ragnarok”のミュージック・ビデオはこちらから。

ブルース・ディッキンソンはリード・シングル“Afterglow Of Ragnarok”について自身の「ヘヴィ」なルーツに忠実で、アルバムの包括的なテーマを捉えた曲になっていると述べている。

「この曲でプロジェクトのトーンを設定することは重要なことだった」とブルース・ディッキンソンは説明している。

「タイトルにふさわしく、ヘヴィな曲で、素晴らしいビッグなリフが牽引役になっている。でも、コーラスにはリアルなメロディーがあって、アルバムの他の曲にも登場する光と影が提示されている」

『ザ・マンドレイク・プロジェクト』は強大な権力とアイデンティティを巡る物語となっていて、科学とオカルトの天才という設定となっている。

ブルース・ディッキンソンにとって7作目となるソロ・アルバムのリリース日はまだ発表されていないが、2024年にリリースされると見られている。

“Afterglow Of Ragnarok”の7インチにはB面曲としてアイアン・メイデンが2015年に発表した『魂の書~ザ・ブック・オブ・ソウルズ~』に収録の“If Eternity Should Fail”のオリジナル・ソロ音源が収録される。

アイアン・メイデンは2024年9月に来日公演を行うことが決定している。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ