Photo: Jen FIve

ボーイジーニアスとイェ・ヴァガボンズはスコットランドのトラディショナル曲“The Parting Glass”のカヴァーが公開されている。

このカヴァーは放課後の子どもたちをサポートするダブリンの団体「アスリング・プロジェクト」を支援するためにリリースされており、2002年に“The Parting Glass”をカヴァーしたシネイド・オコナーに捧げられている。

カヴァー音源はこちらから。

先日、ボーイジーニアスは『サタデー・ナイト・ライヴ』に出演して、ザ・ビートルズに捧げるパフォーマンスを披露している。

ジュリアン・ベイカー、フィービー・ブリジャーズ、ルーシー・ダッカスから成るボーイジーニアスはティモシー・シャラメが司会を務めた回に出演している。

ボーイジーニアスはスーツとネクタイというザ・ビートルズ風の格好で“Not Strong Enough”と“Satanist”を披露している。“Satanist”の最後でジュリアン・ベイカーはステージからギターを放り投げている。ドラムヘッドにはザ・ビートルズ風の書体でボーイジーニアスと描かれていた。

パフォーマンス映像はこちらから。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ