Photo: GETTY

デュア・リパは新たなインタヴューで最も好きなオリヴィア・ロドリゴの曲を明かしている。

デュア・リパはUKのキャピタルFMに出演して、オリヴィア・ロドリゴについて「ものすごく才能がある」と賛辞を寄せている。

「オリヴィア・ロドリゴのことは大好きなの」とデュア・リパは語っている。「彼女はクールだと思うし、すごく、ものすごく才能があって、素敵よね」

デュア・リパは最も好きなオリヴィア・ロドリゴの曲について「“Vampire”も本当に好き」だとしつつも、「デビュー曲」である“Drivers License”の大ファンだと語っている。「デビュー曲は本当にすごくいい曲だと思う」

先日、デュア・リパは来たるニュー・アルバムについてシングル“Houdini”とは「まったく違う」ものになると語っている。

アイハートラジオでデュア・リパはタイトル未定のニュー・アルバムのサウンドについて語っている。前作『フューチャー・ノスタルジア』と比較して、デュア・リパは「全体的にサイケデリック」だと語っている。「アルバムに収録される他の曲はどれもまったく違うものになる。でも、すごく全体的にサイケデリックな感じになっている。“Houdini”はエレクトロニックでヴァラエティがあるけど、同時に面白い楽器も使われていて、すごくオーガニックなところもある。それがアルバムに持ち込みたいものだった」

デュア・リパは“Houdini”について次のように述べている。「この曲は私が一人だった時期の最も明るく自由な部分を表している。“Houdini”はすごく皮肉のある曲で、自分に値するような人間なのか、それとも私が関係を断ってしまうのかということ掘り下げている」

「どこに行くことになるのかも分からず、人生がどうなってもいいというオープンさの美しさを表している。反抗的な至福の感覚をファンと分かち合うのが楽しみだわ」

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ