Photo: GETTY

スパイス・ガールズは30周年を記念したドキュメンタリーがネットフリックスで製作され、個々のメンバーに100万ポンド(約1億8000万円)が支払われると報じられている。

ヴィクトリア・ベッカム、メラニー・チズム、メラニー・ブラウン、エマ・バントン、ジェリ・ハリウェルからなるスパイス・ガールズについては何度も再結成をめぐる噂が取り沙汰されており、来年で結成から30周年を迎えることになる。

今回、情報筋は『ザ・サン』紙に次のように語っている。「スパイス・ガールズは30周年を祝うことを楽しみにしており、ドキュメンタリーこそが完璧な方法だと考えています」

「ドキュメンタリーは製作に値する高い価値があり、パフォーマンスを行う可能性も模索されています。2024年のグラストンベリー・フェスティバルも明らかに選択肢と言えます」

「5人全員に交渉についてもらうのは大きな試練となりますが、ネットフリックスははトップクラスの才能を迎えるのに十分な懐の深さを持っています」

情報筋は次のように続けている。「彼女たちはグループで達成したことを誇りに思っており、昔の映像を振り返り、懐かしい思い出に浸ることは楽しみにしているようです」

「細かいディテールを詰めているところで、パフォーマンスは更なる楽しみと言えるでしょう」

ヴィクトリア・ベッカムは夫のデヴィッド・ベッカムのドキュメンタリー『ベッカム』がネットフリックスで公開されており、3週にわたってネットフリックスの視聴回数でトップに立ち、大きな成功を収めている。

今年5月、メラニー・ブラウンはスパイス・ガールズが「まもなく」明かされるという新しいプロジェクトの最後の詰めを行っているところだと語っていた。

「声明を発表する予定なの。何のものかは今は言えない。まさに5人全員で一緒にやることを完璧にするために最後の詰めを行っているところだから。でも、ファンに気に入ってもらえるものになると思う」

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ