Photo: Steve Gullick

フィーダーは2枚組となるアルバム『ブラック』&『レッド』をリリースすることを発表している。

4月5日にリリースされる『ブラック』&『レッド』はフィーダーにとって初のダブル・アルバムとなり、2022年発表の『トーピドゥー』に続く三部作の完結編となる。

バンドによれば、『ブラック』&『レッド』に収録された楽曲は「オープン・スペース、自由さ、可能性」という点で昨年発表のアルバムと同じオーラがあるものの、特定のコンセプトというよりも楽観的なエネルギーで繋がりがあるという。

また、このアルバムではメンバーが現在のソングライティング・プロセスにおける自分たちの立ち位置を認めると同時に、数十年にわたる自分たちの進化を確認することができたという。

「このアルバムはリスナーにとって2つのパートに分かれるものにしたかったんだ。一つの長編作品というよりもCD1とCD2、『ブラック』と『レッド』という、インターバルのある音楽的作品にしたかったんだ」とフロントマンのグラント・ニコルズは語っている。

「このアルバムを作ることは作曲家としてもすごくクリエイティヴな時間だったし、自らやりたいことだった。『ブラック』と『レッド』を作ることは個人的に音楽的な巡礼で、最終的な結果は紛れもないフィーダーになっている」

アルバムのリリース発表に合わせてフィーダーは“Playing With Fire”と“ELF”の音源も公開されている。“Playing With Fire”は極太のリフのある彼らならではのサウンドとなっていて、“ELF”は「鬨の声」を上げる壮大なバラードと評されている。

新作のトラックリストは以下の通り。

‘Black’ (Disc 1)
1. ‘Droids’
2. ‘ELF’
3. ‘Playing With Fire’
4. ‘Vultures’
5. ‘Sahara’
6. ‘Hey You’
7. ‘The Knock’
8. ‘Perfume’
9. ‘AI.m^n’

‘Red’ (Disc 2)
1. ‘Sleeping Dogs Lie’
2. ‘Scream’
3. ‘Submarine’
4. ‘Lost In The Wilderness’
5. ‘Memory Loss’
6. ‘Unconditional’
7. ‘Here Comes The Hurricane’
8. ‘Soldiers’
9. ‘Ghosts On Parade’

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ