Photo: GETTY

ザ・ラスト・ディナー・パーティーは『ジュールズ倶楽部』に初出演して、2曲のパフォーマンスを披露している。

ザ・ラスト・ディナー・パーティーはこれまでリリースされている3枚のシングルのうち2曲を披露しており、デビュー・シングルの“Nothing Matters”とリリースされたばかりの最新シングル“My Lady of Mercy”を演奏している。どちらともアークティック・モンキーズらを手掛けたジェイムス・フォードがプロデュースしている。

番組にはテイク・ザット、スキンドレッド、フランキー・アーチャー、メッテも出演している。

パフォーマンス映像はこちらから。

プレス・リリースでザ・ラスト・ディナー・パーティーは最新シングル“My Lady Of Mercy”について次のように述べている。「“My Lady Of Mercy”は女の子であることについての曲ね。少女がジャンヌ・ダルクの絵を見上げて、勇敢で美しいと思い、彼女にキスしたいと思う。そして、学校の合唱団で隣に立つ女の子にもキスしたくなる」

バンドは次のように続けている。「私たちはザ・ラスト・ディナー・パーティーの世界をよりダークでヘヴィな雰囲気へと広げてみた。歌詞では宗教的体験という性的な言語でしか表現できない10代の片想いの苦悩を掘り下げている。そして、サウンド面ではナイン・インチ・ネイルズ、PJハーヴェイ、ロキシー・ミュージックからヒントを得ている」

ザ・ラスト・ディナー・パーティーは現在UKツアーを行っており、今月末からはアメリカで5公演を行うことが決定している。その後、年内はホージアのツアーのオープニング・アクトを務め、2024年2月1日にはロンドンのラウンドハウスで単独公演を行うことが決定している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ