Photo: GETTY

フー・ファイターズはオハナ・ミュージック・フェスティバルでレッド・ツェッペリンの“Stairway To Heaven”の一部を即興で披露している。

フー・ファイターズは10月1日にオハナ・ミュージック・フェスティバルに出演して、ピットにいた観客が医療措置を受けているブレイクの間にレッド・ツェッペリンの“Stairway To Heaven”の一部を演奏している。

デイヴ・グロールは曲の冒頭のリフを弾きながら、観客の手当てをしている医療スタッフに次のように語っている。「解決したかい? それとも、“Stairway To Heaven”でも演奏しようか? だって、俺はこの曲を演奏してやるんだ。分かるだろ?」

フー・ファイターズは“Stairway To Heaven”のファースト・ヴァースを演奏して、観客の治療が済んだことを知って、自分たちのセットリストに戻っている。「問題は解決したかい? よかった。すげえ長い曲だからな」とデイヴ・グロールは語って、“The Best Of You”の突入している。

観客が撮影したその時の模様はこちらから。

先日、フー・ファイターズは来夏にアメリカで行うスタジアム・ツアー「エヴリシング・オア・ナッシング」を行うことを発表している。

バンドは来年の7月からアメリカでスタジアム・ツアー「エヴリシング・オア・ナッシング」に乗り出すことを発表しており、ニューヨークのシティ・フィールドでの2公演から始まり、スタジアム・スターは2015年以来となっている。

ツアーにはサポート・アクトとしてザ・プリテンダーズ、ザ・ハイヴス、マンモスWVH、アミル・アンド・ザ・スニッファーズ、アレックスG、L7が参加することも発表されている。

また、フー・ファイターズはデイヴ・グロールがかつて在籍していたバンドであるスクリームのドラマーのケント・スタックスが亡くなったことを受けて、ラウダー・ザン・フェスティバルで“Everlong”を捧げている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ