Photo: GETTY

オリヴィア・ロドリゴはシェリル・クロウと共演して、シェリル・クロウの1996年発表のヒット曲“If It Makes You Happy”を披露している。

オリヴィア・ロドリゴはナッシュヴィルのブルーバード・カフェでシェリル・クロウと共演して、シェリル・クロウのセルフタイトルのセカンド・アルバムより“If It Makes You Happy”を披露している。

オリヴィア・ロドリゴはインスタグラムで共演した時の映像を公開しており、「私の頬をつねって。史上最も好きな曲の一つを史上最高のシェリル・クロウと歌うことができた。なんて光栄なの」と述べている。

昨年、シェリル・クロウは米『ビルボード』誌のウィメン・イン・ミュージック・アウォーズでオリヴィア・ロドリゴにウーマン・オブ・ザ・イヤー賞を手渡している。「彼女を祝福することができて嬉しいわ」とシェリル・クロウは授賞式前のインタヴューで述べている。「彼女は長きにわたって活躍すると思う。彼女はこうして今、祝福されるのにふさわしい人物だと思うの」

オリヴィア・ロドリゴは受賞スピーチでシェリル・クロウに以下のような賛辞を寄せている。「シェリル、私はあなたとあなたのソングライティングの大ファンで、あなたがここにいてくれることに感謝します。これはすごく大きなことです」

先日、オリヴィア・ロドリゴはニュー・アルバム『ガッツ』で気に入っている3曲を明かしている。

オリヴィア・ロドリゴは9月にセカンド・アルバム『ガッツ』をリリースしており、“Bad Idea right?”と“Vampire”がシングルとしてリリースされている。

オリヴィア・ロドリゴはアマゾン・ミュージックのインタヴューで「アルバムからの気に入っている3曲は“All-American Bitch”、“Logical”、“Love Is Embarrassing”かな」と述べている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ