Photo: GETTY

SUM 41はニュー・シングル“Landmines”がミュージック・ビデオと共に公開されている。

激しい楽曲の“Landmines”は初期の作風を彷彿とさせるもので、アンセムらしいシンガロング、骨太なエレクトリック・ギター、人生の苦難を前に「踏みとどまる」歌詞が盛り込まれた内容となっている。

“Landmines”のミュージック・ビデオはこちらから。

「“Landmines”を書いた時は昔ながらの“ポップ・パンク”の曲を書くつもりはまったくなかったんだよ」とデリック・ウィブリーは説明している。

「すぐに形になった曲で、自分にとって特別な曲になることがすぐに分かったんだ」

“Landmines”はSUM 41にとってライズ・レコーズからリリースされる第1弾楽曲で、2021年にリリースされたシングル“Catching Fire”に続く楽曲となっている。

SUM 41は“Landmines”が解散前に発表されるダブル・アルバム『ヘヴン・アンド・ヘル』に収録されることも明らかにしている。

SUM 41は今年5月に現在発表されているツアー日程と最後のワールド・ツアーを終えた後、解散することを発表している。

「SUM 41は解散します。今年の現在行っているツアーの日程を終えて、最後のアルバム『ヘヴン・アンド・ヘル』をリリースすることを楽しみにしています。それに伴って最後のワールド・ツアーを行う予定です。詳細は決まり次第、発表します」

「今はツアーで、スカムファックのみなさんに会えるのを楽しみにしていますし、僕らのそれぞれに今後訪れるものを楽しみにしています。SUM 41の27年間に感謝します」

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ