Photo: GETTY

ベル・アンド・セバスチャンのフロントマンであるスチュアート・マードックは処女作となる小説を刊行することを発表している。

「一部は回想録で、一部はフィクション」と評される『ノーバディーズ・エンパイア』はスチュアート・マードックと同じく慢性疲労症候群を抱える主人公のスティーヴンを描いた物語となる。刊行は2024年9月に予定されている。

「『ノーバディーズ・エンパイア』をいつの間にか書くことになったんだ」とスチュアート・マードックは語っている。「何年も歌い続けてきたわけだけど、まとまった形でこの物語を書くのに適した時だと思った。筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群の人々のために書いていると想像していたけれど、本が進むにつれて、自分にとってより重要なものとなり、独自の生命を得ることになったんだ」

「私も必要としていたし、物語も私を必要としていた。慰めのために私はこの本に大いに頼ることになった。だから、フェイバー社から出版されることになった時、嬉しかったし、すごくほっとしたよ。これが美しい関係の始まりになればと思っている」

先日、ベル・アンド・セバスチャンはスチュアート・マードックの健康問題のためにアメリカ・ツアーをキャンセルしている。

声明には次のように記されている。「やあ、みんな。ベル・アンド・セバスチャンのスチュアート・マードックだよ。残念ながら2023年のアメリカ・ツアーを中止することを発表しなければならないんだ」

「知っている人もいるかもしれないけど、2022年11月あたりから体調が思わしくないんだよ。今後、数ヶ月でよくなることを願っているけど、リスクを負って直前でキャンセルするよりも、このツアーをキャンセルして、回復までの確かな道筋を描いたほうが安全だと思ったんだ」

「1年間で2枚のアルバムをリリースして、アメリカをもう一度訪れるという素晴らしい計画があった。レコードはリリースできたけど、ツアーをできるようになるまで、もう少し待たなければならない。これが原因となる不便にかけては重ねて謝罪するよ。心より、スチュアート」

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ