Photo: Myles Hendrik

ザ・キルズは7年ぶりの新曲として2曲のシングル“New York”、“LA Hex”を公開している。

アリソン・モシャートとジェイミー・ヒンスからなるザ・キルズは、病みつきになるようなギター・リフとアリソン・モシャートの象徴的な歌声で、ザ・キルズらしい“New York”とグリッチを効かせた魅惑的なビートに歪んだトランペットを重ねた“LA Hex”でシーンに復帰を果たしている。

両曲ともアンドリュー・セオドア・バラシアが手がけたミュージック・ビデオと共に公開されている。“New York”ではリングサイドで血まみれになっている二人を、“LA Hex”ではハーモニー・コリンの映画を彷彿とさせるようなLAのキャラクターたちの中に自然と馴染む二人を観ることができる。

それぞれのミュージック・ビデオはこちらから。

両曲のリリースに際してニューヨークとロサンゼルスでポップアップ・イベントが開催されることも決定している。7月27日には、著名なロック/ファッション写真家であるスティーヴン・セブリングが所有するニューヨークのスタジオでDJパフォーマンスを行い、8月3日にはLAの伝説的クラブ、ヴァイパー・ルームにてイベントを開催する。会場では本シングルを収録した7インチも販売される。

ザ・キルズは、2003年発表の『キープ・オン・ユア・ミーン・サイド』、2005年発表の『ノー・ワウ』、2008年発表の『ミッドナイト・ブーム』、2011年発表の『ブラッド・プレッシャーズ』などの作品で、数億回におよぶストリーミング再生数を記録している。2016年の『アッシュ&アイス』はキャリア最高傑作として高く評価され、2020年にはBサイドとレア音源を集めたコンピレーション作品『リトル・バスターズ』がリリースされている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ