Photo: 2018 Oops Publishing, Limited Under exclusive license to Craft Recordings

エリック・クラプトンとジョージ・ハリスンの妻であるオリヴィア・ハリスンによって2002年に開催されたジョージ・ハリスン追悼コンサート『コンサート・フォー・ジョージ』が7月28日より日本で初めて劇場公開されるのにあたって、著名人からのコメント第3弾が公開されている。

コンサートは2001年11月29日に享年58歳で世を去ったジョージ・ハリスンの音楽と人生を称えるもので、ポール・マッカートニーリンゴ・スター、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ、ジェフ・リン、ジュールズ・ホランド、ビリー・プレストン、ラヴィシャンカールと娘のアヌーシュカ・シャカール、モンティ・パイソンのメンバーなどの豪華アーティストが共演を果たしている。

今回公開されたコメントは以下の通り(五十音順 敬称略)。

愛に満ち溢れた空間。
そのあたたかさに、目頭が熱くなります。
トム・ペティとジェフ・リン、息子のダニーがトラヴェリング・ウィルベリーズを名乗り歌い、
モンティ・パイソンが彼の写真に敬礼する頃には、涙が溢れていました。
2002年11月29日。
ロイヤル・アルバート・ホール。
誰もが彼一人を想い、愛した、美しい時間。
2023年。
映画館で、彼を想い、愛しましょう。
安田顕(俳優)

還暦をとうに過ぎたぼくのような世代の者にとってはとにかく懐かしい名曲の雨アラレなのだけれど。ジョージをリアルタイムで未体験の若い世代にとってはきっと新しい発見に満ち満ちているであろう、そんなコンサート・ドキュメンタリーです。
今の時代に接しても、いや、きっとずっとずっと先の未来に接したとしても、聞く者の心を、時に激しく、熱く、時にやさしく、切なく震わせ続けてくれるに違いない宝物のような音楽がここにはたくさん詰まっています。
ジョージが残してくれたものが時を超え永遠へと昇華する奇跡。
それを彼のかけがえのない仲間たちが力を合わせて証明してみせた素晴らしい一夜の記録です。
萩原健太(音楽評論家)

また、本作のメイン劇場となるTOHOシネマズ シャンテにて8月3日19時からの上映回ではビートルズ研究家の藤本国彦とイラストレーターの本秀康によるアフター・トークが開催されることも決定している。

トーク・イベントの概要は以下の通り。

2023年8月3日(木) TOHOシネマズ シャンテ
藤本国彦(ビートルズ研究家)x本秀康 (イラストレーター) 対談イベント
19:00からの上映回の上映後、アフター・トーク 20:55スタート予定(約30分)

チケット販売:7月31日(月)0時〜(7月30日24時〜)
https://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/081/TNPI2000J01.do

日本版予告編はこちらから。

上映の詳細は以下の通り。

作品名: 『コンサート・フォー・ジョージ』
上映時間: 約102分
監督:デヴィッド・リーランド
製作:レイ・クーパー、オリヴィア・ハリスン、ジョン・ケイメン
製作総指揮:オリヴィア・ハリスン、ブライアン・ロイランス
音楽監督:エリック・クラプトン
コンサート・オーディオ・プロデュース:ジェフ・リン
撮影監督:クリス・メンゲス
編集:クレア・ファーガソン
出演:エリック・クラプトン、ポール・マッカートニー、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ、ジェフ・リン、リンゴ・スター、ジョー・ブラウン、サム・ブラウン、ジュールズ・ホランド、ビリー・プレストン、レイ・クーパー、アヌーシュカ・シャンカール、ラヴィ・シャンカール、モンティ・パイソン with トム・ハンクス
制作年:2022年/制作国:アメリカ
(C) 2018 Oops Publishing, Limited Under exclusive license to Craft Recordings
7月28日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて公開

更なる詳細は以下のサイトで御確認ください。

https://www.culture-ville.jp/concertforgeorge

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ