Photo: Joel Bernstein

ニール・ヤングは長年語られてきた未発表作『クローム・ドリームス』がついにリリースされることを発表している。

12曲を収録したアルバムは1977年にリリース予定だったが、お蔵入りになっており、これまで日の目を見ることはなかった。

未発表作『クローム・ドリームス』はオリジナルのフォーマットで8月11日にリリースされる。

12曲中4曲がオリジナルで、多くのトラックがこれまでレコーディングされていなかったものとなっている。

アートワークはロニー・ウッドが手掛けている。トラックリストは以下の通り。

1. ‘Pocahontas’ (August 11, 1976)
2. ‘Will To Love’ (December 3, 1976
3. ‘Star of Bethlehem’ (December 13, 1974)
4. ‘Like a Hurricane’ (November 29, 1975)
5. ‘Too Far Gone’ (September 5, 1975)
6. ‘Hold Back The Tears’ (February 6, 1977)
7. ‘Homegrown’ (November 19, 1975)
8. ‘Captain Kennedy’ (August 11, 1976)
9. ‘Stringman’ (March 31, 1976)
10. ‘Sedan Delivery’ (May 22, 1975)
11. ‘Powderfinger’ (August 11, 1976)
12. ‘Look Out for My Love’ (January 20, 1976)

ニール・ヤングは最近も精力的なリリースを続けており、昨年は『ハーヴェスト』の50周年記念盤をリリースしており、クレイジー・ホースとの新作『ワールド・レコード』もリリースしている。

クレイジー・ホースと2001年にリリースしたアルバム『トースト』も昨年にリリースされている。

ニール・ヤングによれば、『トースト』は「自分のコレクションにおいても独立したアルバム」だという。アルバムが出ることのなかった理由について、アルバムのメランコリックなトーンを挙げていた。「他のアルバムとは違って、『トースト』は悲しくて出すことができなかったんだ。あのアルバムをなかったことにして、別のアルバムをやることになった。2001年の時点では手に負えなかったんだ」

昨年4月には80年代の3枚のアルバムで構成された『オフィシャル・リリース・シリーズ・ヴォリューム4』がリリースされている。

ニール・ヤングとクレイジー・ホースのラルフ・モリーナ、ビリー・タルボット、ニルス・ロフグレンは最新作『オール・ローズ・リード・ホーム』を今年3月にリリースしている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ