Photo: 2018 Oops Publishing, Limited Under exclusive license to Craft Recordings

エリック・クラプトンとジョージ・ハリスンの妻であるオリヴィア・ハリスンによって2002年に開催されたジョージ・ハリスン追悼コンサート『コンサート・フォー・ジョージ』が7月28日より日本で初めて劇場公開されるのにあたって、著名人からのコメント第1弾が公開されている。

コンサートは2001年11月29日に享年58歳で世を去ったジョージ・ハリスンの音楽と人生を称えるもので、ポール・マッカートニーリンゴ・スター、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ、ジェフ・リン、ジュールズ・ホランド、ビリー・プレストン、ラヴィシャンカールと娘のアヌーシュカ・シャカール、モンティ・パイソンのメンバーなどの豪華アーティストが共演を果たしている。

コメントは以下の通り。

滅多にないほど充実したコンサート映画です。ジョージの楽曲そのものの魅力、そして彼を愛したミュージシャンたちの歌と演奏も、強烈に心に刺さります。
ピーター・バラカン/ブロードキャスター

ジョージゆかりのミュージシャンが次から次へと登場し、名曲の数々を中心に演奏している。その場面を眺めているだけでも楽しい。 ポールもリンゴもクラプトンも、その他大勢のミュージシャンも、みんな居心地の良い表情をしている。これはきっと、ジョージ・アンド・ヒズ・オールスター・バンドのステージに違いない。 ラヴィ・シャンカールもモンティ・パイソンも登場するなんて、ジョージにしかできない「芸当」だ。 ビートルズの「ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー」の最後にジョージが笑いを加えたのは、まさにモンティ・パイソン的な味付けだったということが、このコンサートを観てようやくわかった。
藤本国彦/ビートルズ研究家

ビートルズ~ソロ期はもちろん、トラヴェリング・ウィルベリーズにインド音楽、果てはジョージのギャグ好きなところまで。「ジョージといえば」が完全網羅されたコンサート・プログラムにただならぬジョージ愛を感じます。 まさに「ジョージに捧げるコンサート」です。ラストシーンの感動が突出していますが、それ以外にもつい泣いてしまう場面が僕にはいくつもあります。
本秀康/イラストレーター、漫画家、雷音レコード主宰

ジョージ・ハリスンは、一番インタビューしづらい人でした。ひざの上のギターを鳴らしながら「Yeh(イエー)」とか、「Sure(シュア)」とかしか答えてくれず、記者としてはまとめるのに苦労しました。彼が旅立って22年。この映画は一気に20年間を今に甦らせてくれて、魔法にかけられたように釘付けになります。クラプトンにも感謝。
星加ルミ子/元ミュージック・ライフ編集長

インド音楽からモンティパイソンまで、ジョージって幅広い!そしてそのジョージの影響を、いかに多くのミュージシャンが受けているかを再び実感した。 個人的にはクラプトンが「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリ・ウイープス」のソロを敢えてレコーディングに近いフレーズで弾いていた姿にグッと来た。 ジョージを軸にしたポール、ジェフ・リン、リンゴ達の立ち位置が今だからこそ、よくわかる作品。
杉真理/シンガーソングライター

「イズント・イット・ア・ピティ」のリハーサルでエリック・クラプトンが歌う前に「うまくできないだろうけど」とボソっと言うところがなんかリアルだなぁと…。そう、ジョージの曲ってひねくれていて難しいんです。とはいえこの映画は素晴らしい演奏シーンが続出します。ジェフ・リンがほぼ完コピで「The Inner Light」に挑戦する気持ちには震えますね。もちろんモンティ・パイソンもいますからとびきりの笑いも用意されています。ジョージが作ったすべての曲に感謝。I’ll See You in my Dreams!
直枝政広/カーネーション

「イズント・イット・ア・ピティ」という曲におけるビリー・プレストンの表情、歌、演奏が見られただけでも、この映画を観に来て良かった!と思いました。 そしてリンゴ・スターのダブルピースはいつだって皆を幸せにしてくれる。 そんな最高の瞬間が沢山ありました!!
喜多建介/ASIAN KUNG-FU GENERATION

日本版予告編はこちらから。

今回、ジョージ・ハリスンの生誕80年を記念して上映される『コンサート・フォー・ジョージ』は昨年、開催20周年を記念し、海外で上映された高音質リマスター版で、妻のオリヴィア・ハリスンと息子ダニー・ハリスンからのメッセージも新しく寄せられている。

上映の詳細は以下の通り。

作品名: 『コンサート・フォー・ジョージ』
上映時間: 約102分
監督:デヴィッド・リーランド
製作:レイ・クーパー、オリヴィア・ハリスン、ジョン・ケイメン
製作総指揮:オリヴィア・ハリスン、ブライアン・ロイランス
音楽監督:エリック・クラプトン
コンサート・オーディオ・プロデュース:ジェフ・リン
撮影監督:クリス・メンゲス
編集:クレア・ファーガソン
出演:エリック・クラプトン、ポール・マッカートニー、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ、ジェフ・リン、リンゴ・スター、ジョー・ブラウン、サム・ブラウン、ジュールズ・ホランド、ビリー・プレストン、レイ・クーパー、アヌーシュカ・シャンカール、ラヴィ・シャンカール、モンティ・パイソン with トム・ハンクス
制作年:2022年/制作国:アメリカ
(C) 2018 Oops Publishing, Limited Under exclusive license to Craft Recordings
7月28日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて公開

更なる詳細は以下のサイトで御確認ください。

https://www.culture-ville.jp/concertforgeorge

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ