Photo: Andrzej Liguz/Neil Cooper

ハッピー・マンデーズ&ブラック・グレープのショーン・ライダー、ザ・フーやオアシスのドラマーを務めたザック・スターキー、ライドやオアシスのアンディ・ベル、ハッピー・マンデーズのベズによる新グループであるマントラ・オブ・ザ・コスモスはデビュー・シングルをリリースしている。

デビュー・シングル“Gorilla Guerilla”についてザック・スターキーは「はみ出し者、アウトサイダー、改革者による素晴らしいサイケデリックなグルーヴ」と評している。

新曲はショーン・ライダーの息子であるオリー・ライダーが監督したカラフルでトリッピーなミュージック・ビデオと共に公開されている。マントラ・オブ・ザ・コスモスはロンドンの小さなライヴ・ハウス、ザ・ボックスで行ったライヴでこの曲を初披露している。

“Gorilla Guerilla”のミュージック・ビデオはこちらから。

ザック・スターキーがショーン・ライダーをヴォーカルに迎え、アンディ・ベルがギターを担当し、ベズがパーカッションを担うこのバンドのアイディアを思いついたという。アンディ・ベルは次のように語っている。「マントラ・オブ・ザ・コスモスの一員になれて喜ばしいよ。志を同じくする4人の魂が同じ音楽に夢中になっているんだ」

ショーン・ライダーはそれぞれのメンバーのプロジェクトからの影響はあるものの、これまでリリースしてきたサウンドとはまったく違うものだと語っていた。「ハッピー・マンデーズとも、ブラックはとも、オアシスとも、ザ・フーとも違うサウンドなんだ。それが一つになっているんだよ」

プレス・リリースでは「ダブっぽくエレクトロニックな21世紀のホークウインドとも言えるバンドは壮大なライヴ・パフォーマンスで体験すべきものです」と評されている。マントラ・オブ・ザ・コスモスは6月25日にグラストンベリー・フェスティバルに出演することが決定している。

ハッピー・マンデーズは9月1日にノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズがヘッドライナーを務めるフェスティバル「ロックンロール・サーカス2023」に出演することも決定している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ