Photo: PRESS

スポーツ・チームはミネソタ州の公共ラジオ「ザ・カレント」のために収録された50分以上のライヴ映像が公開されている。

スポーツ・チームは昨年9月にセカンド・アルバム『ガルプ!』をリリースしており、3月から4月にかけて北米ツアーを行っている。

公開されたライヴ映像はこちらから。

昨年、スポーツ・チームは2022年の年末にあたって今後「しばらくの間」は活動を休止することを発表している。

年末のニュースレターでバンドは次のように述べている。「表計算をやってみたんだけど、インストア・ライヴから単独ツアー、様々なアメリカでのイベントなどで、僕らは今年50000人の人たちに会ったんだ」

「だから、それを締め括るにあたって、チケットを買ってくれた人、曲を一緒に歌ってくれた人、モッシュピットで携帯電話を失くしたり、声を枯らしてしまった人、ヴァンに謎のヤジを書いた人、道で挨拶してくれた人、その全員に感謝している。スクリーン上の数字も、テントで1万人の人の前に出ていくこと、インストア・ライヴで100人を前にすること、昔の汗臭いパブに50人が詰めかけていることの喉を掴むような喜びには敵わない」

バンドは次のように続けている。「ここ2年間、パンク寸前になるほど、いろんなことをやってきた。過酷だったし、楽しかったけど、耐え難いほど殺伐としたこともあった。でも、すべてがうまくいき始めたと感じる繋がりの瞬間は完璧なものだった。クリシェでもあるけど、世界最高の仕事だとも思う。でも、どんな仕事でも、時には長い週末が必要なんだ」

「だから、しばらくの間は闇に潜む時間をとることにした。家族と会って、ナイフやフォークでプレートから食事を摂り、手をきれいにして、一晩以上同じ場所で眠り、カルチャーが待ち望むチャートを揺るがす3枚目のアルバムを作るために、ボン・イヴェールのような人里離れたキャビンを借りるんだ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ