GETTY

Photo: GETTY

アデルを筆頭に、今年のグラミー賞授賞式でパフォーマンスを行うアーティストが発表になっている。

2016年のグラミー賞はLL・クール・Jが司会を務め、2月15日にロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催される。

AP通信によると、アデルをはじめケンドリック・ラマー、ザ・ウィークエンド、そしてカントリー・グループのリトル・ビッグ・タウンが授賞式に参加するという。

「才能あるアーティストたちによるこのラインアップは、音楽の最大の祭典であることを改めて証明するまだ序章に過ぎません。音楽にとって素晴らしい年だったことを祝し、とびきり最高の音楽を称賛し、これまでに見たことのないパフォーマンスをお届けいたします」と、ナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンスのCEOであるニール・ポートノウはこの発表について語っている。

ラッパーのケンドリック・ラマーは、グラミー賞で計11部門にノミネートされている。

NMEの「アルバム・オブ・ザ・イヤー2015」で2位に選出されたケンドリック・ラマーのアルバム『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』は、アルバム・オブ・ザ・イヤー、”Alright”はソング・オブ・ザ・イヤー部門にノミネートされている。

ケンドリック・ラマーはその他、最優秀ラップ・アルバム、ラップ・パフォーマンス、”Bad Blood”でテイラー・スウィフトとともにポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス、”Never Catch Me”でフライング・ロータスとともにダンス・レコーディング部門にノミネートされている。最優秀ラップ・ソングでは”Alright”とカニエ・ウェストと共作した”All Day”がどちらもノミネートされ、最優秀ミュージック・ビデオでも同様に2つのノミネーションを受けている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ