GETTY

Photo: GETTY

リアーナとエイサップ・ロッキーの第一子の名前が出生から1年を経て明らかになっている。

『デイリー・メイル』紙はリアーナとエイサップ・ロッキーの第一子の出生届を手に入れたとのことで、第一子の息子はウータン・クランのレザにちなんで、レザ・アテラストン・マイヤーズと名付けられたという。

『デイリー・メイル』紙は出生届の画像も公開しており、出生日は2022年5月13日となっている。

リアーナとエイサップ・ロッキーには第一子が昨年5月に生まれており、これまで名前を公開してこなかった。一方、リアーナはここ1年間、ウータン・クランやレザの衣類を着ていたところが目撃されている。

リアーナとエイサップ・ロッキーは子どもの名前が正しいものかどうかをコメントしていない。

本名をラキム・アテラストン・マイヤーズというエイサップ・ロッキーはウータン・クランから影響について公言してきており、2016年にはドレイクと共に“Wu-Tang Forever”という曲も発表している。

また、リアーナは今年2月に出演したスーパーボウルのハーフタイム・ショウで第二子を妊娠していることを明らかにしている。

リアーナはスーパーボウルのハーフタイム・ショウが5年ぶりのライヴとなっていて、平均視聴者数は1億1870万人となっており、これは2015年にケイティ・ペリーが記録した1億2100万人に次いで、史上2位の記録となっている。

先月、リアーナはパラマウントが製作する『スマーフ』の映画でスマーフェットの声を担当することが明らかになっている。

一方、エイサップ・ロッキーは今年1月に最新シングル“Same Problems?”を披露しており、通算4作目となるアルバムが「完成している」ことを明らかにしている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ