GETTY

Photo: GETTY

SUM 41は現在発表されているツアー日程と最後のワールド・ツアーを終えた後、解散することを発表している。

デリック・ウィブリー、デイヴ・バクシュ、ジェイソン・“コーン”・マクキャスリン、トム・タッカー、フランク・ズーモから成るSUM 41はツイッターでその意向を発表している。

「1996年からSUM 41をやってきたことで、僕らの人生には最高の瞬間がありました」とツイートには記されている。「あらゆる形で応援してくれた新旧両方のファンに永遠に感謝するでしょう。みなさんへの愛と敬意を言葉にするのは難しいので、まずは聞いてほしいと思いました」

ツイートは次のように続けられている。「SUM 41は解散します。今年の現在行っているツアーの日程を終えて、最後のアルバム『ヘヴン・アンド・ヘル』をリリースすることを楽しみにしています。それに伴って最後のワールド・ツアーを行う予定です。詳細は決まり次第、発表します」

「今はツアーで、スカムファックのみなさんに会えるのを楽しみにしていますし、僕らのそれぞれに今後訪れるものを楽しみにしています。SUM 41の27年間に感謝します」

SUM 41はNOFXのカヴァー・バンドとして1996年に始動している。デビュー・アルバム『オール・キラー・ノー・フィラー』は2001年5月にリリースされ、“Fat Lip”、“In Too Deep”、“Motivation”といったヒット曲が収録されている。

最新作は2019年にリリースされた『オーダー・イン・ディクライン』で、2022年にデリック・ウィブリーは2枚組のアルバム『ヘヴン・アンド・ヘル』を完成させたことを明かしていた。

デリック・ウィブリーは『ヘヴン』について次のように語っている。「パンデミックのせいか、奇妙なノスタルジアが入ってきたんだ。多くの人が過去にいい気分になったことを振り返ったと思う」

「ポップ・パンクが復活したのも分かるよね。気分のいい音楽だからね。幸せに感じられるものがあるんだ。若くてイノセントで自由なものがあるんだよ」

今年3月、SUM 41はオフスプリング、シンプル・プランと共にジョイント・ツアーを行うことが発表されている。ツアーは8月1日にワシントン州から始まり、9月3日にマサチューセッツ州で締めくくられる。

SUM 41はロック・アム・リングやスラム・ダンク・フェスティバルなどのヨーロッパのフェスティバルに出演することも決定している。

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ