GETTY

Photo: GETTY

リアーナはパラマウントが製作する『スマーフ』の映画でスマーフェットの声を担当することが明らかになっている。

リアーナは現地時間4月27日にシネマコンにサプライズで登場して、このニュースを発表している。スマーフェットの声を担当すると共にリアーナは映画のためにオリジナル曲を作っていることも明かしている。

リアーナは2025年のヴァレンタイン・デーに公開予定の映画のプロデューサーも務めている。この『スマーフ』の映画の正式タイトルは現時点で発表されていない。

映画についてこれ以上の情報や出演者については発表されていない。映画はクリス・ミラーが監督を務めており、マット・ランドンが助監督を務めている。

リアーナは『チアーズ3』、『バトルシップ』、『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』、『ホーム 宇宙人ブーヴのゆかいな大冒険』、『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』、『オーシャンズ8』、『グアバ・アイランド』といった映画にこれまで出演している。

リアーナは今年2月に行ったスーパーボウルのハーフタイム・ショウが5年ぶりのライヴとなっている。このパフォーマンスでリアーナは“Bitch Better Have My Money”、“Where Have You Been”、“Rude Boy”、“Work”、“All Of The Lights”、“Run This Town”、“Umbrella”、“Diamonds”を披露している。

スーパーボウルのハーフタイム・ショウの平均視聴者数は1億1870万人となっており、これは2015年にケイティ・ペリーが記録した1億2100万人に次いで、史上2位の記録となっている。

リアーナは第95回アカデミー賞授賞式で映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』に提供された“Lift Me Up”を披露している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ