YouTube

Photo: YouTube

ボーイジーニアスはアメリカのテレビ番組『ジミー・キンメル・ライヴ!』で“Not Strong Enough”を披露したパフォーマンス映像が公開されている。

“Not Strong Enough”はボーイジーニアスのデビュー・アルバム『ザ・レコード』に収録されており、同作は全英アルバム・チャートで首位を獲得している。

“Not Strong Enough”について米『ローリング・ストーン』誌にフィービー・ブリジャーズは次のように語っている。「『私はあなたのために目立つほど強くはない。私はなってほしいあなたのパートナーにはなれない』という感じの一方で、『私は本当に最低だ。自分でも深い部分でよく分からない』という感じもある」

「自己嫌悪は時にコンプレックスのこともある。自分のことを最低の人間だと思ってしまう。正直に言えば、そんなことはない。それは人を利己的にしてしまうことがある。そうしたコンセプトのそれぞれの解釈を私は気に入っている」

パフォーマンス映像はこちらから。

ボーイジーニアスは2週末にわたって開催されているコーチェラ・フェスティバルに出演している。3人はムナのステージに“Silk Chiffon”で飛び入りしており、自身のステージでは“$20”、“Salt In The Wound”、“Me & My Dog”、“Anti-Curse”といった『ザ・レコード』からの曲を披露している。

ルーシー・ダッカスはステージでトランスジェンダーの権利について次のように語っている。「フロリダ州やミズーリ州で起きていることについてニュースを見たかどうか知らないけど、トランスジェンダーの人々は大切な存在だし、トランスジェンダーのキッズは大切な存在だと思う。私たちは闘って、勝利を収める」

先日、ボーイジーニアスは女優のクリステン・スチュワートが監督した「ザ・フィルム」と題したミュージック・ビデオが公開されている。

「ザ・フィルム」の映像はこちらから。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ