GETTY

Photo: GETTY

ジャスティン・ビーバーの妻であるヘイリー・ビーバーはセレーナ・ゴメスとの確執が噂された件について心境を明らかにしている。

長年にわたってヘイリー・ビーバーとセレーナ・ゴメスはお互いのファンによって対立させられる格好が続いてきたが、ヘイリー・ビーバーは殺害予告が届いたことをセレーナ・ゴメスに伝えており、セレーナ・ゴメスは確執を煽る議論を止めるようにソーシャル・メディアで呼びかけていた。

今回、ヘイリー・ビーバーはインスタグラムのストーリーでゴシップに直面してメンタル・ヘルスの問題を抱えていたことを明かしている。

「自分の感じたことを冗談にするのが好きだった。それは時に、つらい時期を過ごしていることを認めるよりも楽だったりもするから」とヘイリー・ビーバーは述べている。「でも、実際のところ、2023年が始まってからは、大人になってから最も悲しく、つらい時があった。私の精神と感情は控えめに言っても壊れそうだった」

「私と同じように感じている人がたくさんいるのは分かっている。だから、あなたは1人じゃないことを知ってほしいだけなの。ともかく、お互いにそばにい続けるようにしましょう。愛する人、友人、家族、見知らぬ人のそばにいるようにしましょう。人のそばにいるようにしましょう。つらい時こそお互いに会うようにするの。私たちは一緒によくなれるから」

先日、ジャスティン・ビーバーは週末のコーチェラ・フェスティバルでヘッドライナーを務めたステージが物議を醸しているフランク・オーシャンを擁護している。

ジャスティン・ビーバーはインスタグラムでフランク・オーシャンのステージの写真を投稿して、「圧倒された」として彼のことを擁護している。

「彼のアーティスト性はそのスタイル、テイスト、声、細部までの詰めなど、比類なきものだった」とジャスティン・ビーバーは述べている。「深く心を動かされたよ。活動を続けて、アーティストとしてもっとよくなりたいと自分も思うようになった。彼は今後も高い目標を掲げ、忘れられない夜を見せてくれるだろう。ありがとう、フランク」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ