GETTY

Photo: GETTY

デペッシュ・モードはBBCコンサート・オーケストラと共演して2曲を披露した映像が公開されている。

デイヴ・ガーンとマーティン・ゴアによるデペッシュ・モードはBBCラジオ2の番組『ピアノ・ルーム』に出演して、“Walking In My Shoes”と“Ghosts Again”を披露している。デペッシュ・モードは新作『メメント・モリ』を引っ提げて大規模な北米ツアーに乗り出している。

パフォーマンス映像はこちらから。

番組内で1990年代前半に“Walking In My Shoes”をレコーディングした時の思い出を訊かれて、デイヴ・ガーンは次のように語っている。「あまりないな。いいことじゃないけど、あの曲をレコーディングした時のことは覚えてないんだ。特にあの時期は仕事以外の部分で楽しんでいて、それが仇になったんだろうね。でも、この曲は演奏しても古くならない曲の一つなんだ」

「常に進化しているんだよ。長年をかけて、いい曲というのはそうなっていくんだ。当時の人生や世間の状況に応じて違った意味を持つようになる。そういう曲の1つで、だからセットリストに入っているんだ」

司会のゲイリー・デイヴィーズはデイヴ・ガーンに次のように伝えている。「数週間前、U2のボノとジ・エッジが『ピアノ・ルーム』に出演して、『人生を救ってくれた60曲』にこの曲を入れていたんですが、知っていましたか?」

デイヴ・ガーンは次のように答えている。「知らなかったな。でも、ボノとジ・エッジがあの曲のファンであることを知っていたよ。長い年月の中で何度も交流してきたから、繋がりはあるんだ」

「数年前、ニューヨークでリハーサル・ルームに入って、この曲を演奏したんだ。リハーサル・ルームを出たら、ボノが通路にいて聞き耳を立てていたんだ。少しそこで話をしたよ。自分が書いていたらと思う曲の一つだと彼は言っていた」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ