Krzysztof Szlezak

Photo: Krzysztof Szlezak

クレイロは未発表曲“For Now”のデモ音源を公開して、その収益は2つの非営利団体に寄付されるという。

フェニックスの“After Midnight”のリミックスへの参加を除くと、クレイロは2021年に発表したアルバム『スリング』以来、新曲をリリースしていなかった。

しかし、クレイロは現地時間4月1日に未発表曲“For Now”のデモ音源を公開したことをソーシャル・メディアで発表している。

音源はバンドキャンプで1ドルでダウンロードできるようになっており、すべての収益は非営利団体のフォー・ザ・グロールズとエヴリタウンに分配される。

フォー・ザ・グロールズは「黒人トランスジェンダーの家賃やアファーマティブ手術費用を支援する」団体で、エヴリタウンは「銃暴力を終わらせ、安全な地域社会を築くために闘う親、学生、事件当事者、教育者、銃所持者、市民による運動」を行っている。

エレクトリック・ピアノを主体とした繊細な“For Now”は「すべてが壊れるまで」愛を告白する内容となっている。

クレイロはスーパーグループのボーイジーニアスのツアーでサポート・アクトを務めることが決定している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ