GETTY

Photo: GETTY

ザ・ホワイト・ストライプスのメグ・ホワイトのドラミングをひどいと評した人物が謝罪している。

ラクラン・マーケイという人物は今は削除されているツイートで次のように述べていた。「ザ・ホワイト・ストライプスの悲劇はまずまずのドラマーがいれば、すごいものになっていたということだね」

「もちろん、『でも慎重に作られた音なんだ』と言われるテイクも全部聴いたけど、残念ながら、メグ・ホワイトはひどいし、パーカッションがダメでよかったバンドなんていないよ」

音楽界の様々な人物がメグ・ホワイトを擁護しており、ザ・ルーツのドラマーであるクエストラヴは次のように述べている。「『煽る見解』については放っておこうとしているんだけど、これはあまりにも言い過ぎだね。音楽に起こっていることでよくないのは、インスタグラムのフィルターのように、こうやって音楽の息の根が止められてしまうことなんだ。音楽の完成度を高めようとするあまり、それが曲や音楽のためにならないことがあるんだよ」

ジャック・ホワイトの元妻であるカレン・エルソンも次のように述べている。「メグ・ホワイトは素晴らしいドラマーであるだけでなく、ジャックは彼女なしにはザ・ホワイト・ストライプスはなかったと言っていました。彼女を批判するジャーナリストへ、元夫の元妻の名前を口にしないでほしいのです(よろしくお願いします)」

今回、ラクラン・マーケイは自身への反論に言及して、次のように述べている。「ザ・ホワイト・ストライプスとメグ・ホワイトについて昨日投稿した不謹慎な(今は消された)ツイートを目にしたでしょう。あれはザ・ホワイト・ストライプスとドラマーとしてのメグ・ホワイトに関するひどすぎるものでした。正直に言って、あらゆる意味でとんでもないものです。矮小で不愉快で、純粋に間違っていました」

「メグ・ホワイトがあのツイートを見たのかは知りません。見ていないことを願います。知りもしない人間にあんなふうに言われて、いい気はしないだろうと思うからです。なので、メグ・ホワイトへ。申し訳ありませんでした。本当にすみません。音楽業界にいる女性は不釣り合いなほど、この手の話題にされていますが、それを助長してしまったことを申し訳なく思います。今後はこうした場でも、それ以外でも思慮深くなろうと思っています」

彼は次のように続けている。「ここ24時間以上にわたって、完全に理にかなった私への嫌悪が寄せられているのを見て、『なんであんなことを書いてしまったんだろう? 思ってもいないことなのに。自分をこんな嫌な奴だと思いたくない、少なくともああはなりたくない』と思っていました」

「その答えとして、悪質な中傷に対しても見ることやクリックで私たちネット民が報酬を与えてしまうことが一つあると思います。私はそうした暗黙のインセンティヴ構造に捕らわれて、不必要に扇動的で、露骨に意地の悪い、そして最も重要なことですが、事実ではない見解を述べてしまいました」

ラクラン・マーケイはツイッターのプロフィールを修正して、「誤った音楽の見解の持ち主」という一節が加えられている。

2002年にメグ・ホワイトは自身のドラミングに寄せられる批判について次のように語っている。「自分とは違う形で演奏する他のドラマーについては評価するけど、それは自分のスタイルじゃなし、このバンドではうまくいかないと思う。批判されて、悩んだ時期もあったけど、今思っているのはこれがこのバンドに必要なものなんだと分かったということね」

ザ・ホワイト・ストライプスは2011年に解散しており、以降メグ・ホワイトは音楽活動をほとんど行っていない。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ