Naomi Rahim

Photo: Naomi Rahim

フローレンス・アンド・ザ・マシーンはドラマ『イエロージャケッツ』の新シーズンに提供したノー・ダウトの“Just A Girl”のカヴァー音源が公開されている。

“Just A Girl”のカヴァー音源はフローレンス・ウェルチとアイドルズのマーク・ボーウェンによるプロデュースで、2週間先に控えた『イエロージャケッツ』のシーズン2公開に先立って公開されている。

“Just A Girl”のカヴァー音源はこちらから。

「『イエロージャケッツ』やこの時代の音楽は大ファンで、特にこの曲は育つ中で自分に大きな影響を与えてくれた。だから、番組のために『非常に不穏な』形でこの曲を再解釈してほしいと頼まれたのは嬉しかった」とフローレンス・ウェルチは語っている。「番組のトーンに合わせるために、この有名な曲にホラーの要素を加えようとしてみた。最初に好きになった音楽がポップ・パンクやグウェン・ステファニーだった人間にとっては夢のような仕事だった」

フローレンス・アンド・ザ・マシーンは昨年5月に通算5作目となる最新作『ダンス・フィーヴァー』をリリースしている。フローレンス・ウェルチは最新作『ダンス・フィーヴァー』について「14曲のおとぎ話」と評しており、アルバムはジャック・アントノフとグラス・アニマルズのデイヴ・ベイリーとの共同プロデュースとなっている。

最新作『ダンス・フィーヴァー』のストリーミングはこちらから。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ