GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュはもうソーシャル・メディアを見るつもりはないことを改めて語っている。

ビリー・アイリッシュはこれまでもオンラインとの関わり方について何度か語ってきており、自身の身体に関するコメントを受けてソーシャル・メディアは避けるようになったと述べている。

今回、ポッドキャスト『コナン・オブライエン・ニーズ・ア・フレンド』の先行映像でビリー・アイリッシュは自身の見解について再び語っている。

「もう見ないと思う。携帯電話からも全部消してしまったんだけど、それは大きなことだった。だって、あなたが子どもの頃はインターネットがなかったんでしょ。私にとっては大きな部分を占めていた。ありがたいことにiPadベイビーではなかったけど、正直、私はインターネット的ではないインターネットの時代という意味では完璧な頃に育つことになった。そういう子ども時代だったの。ずっとそうしたことをやっていた」

「10代になる前からiPhoneがあって、もう少し歳を重ねると、今のようなものが全部出てきた。10代になる前とか、10代の頃にはインターネットがあったけど、というね。私の世代はそういう人たちで、自分もその1人だった」

しかし、ビリー・アイリッシュは有名になって、自分の動画がオンラインに上がるようになって、そうしたものを遠ざけるようになったという。

「私はインターネットに出る側の人間になって、自分という人間も暮らしも何も変えず、自分のやっていることを続けていたんだけど、だんだんと自分に関する動画やなんかを目にすることになった。『最悪』と思って、好きになれなかった」

「インターネットで嫌なことのもう一つはだまされやすくなるということよね。インターネットで読んだものを信じてしまう。そんなのくだらないということは分かっているし、そんなふうにはなりたくない。全部事実じゃない、ほとんど嘘だというのは証明してもいい」

先日、ビリー・アイリッシュはストーカーに対する一時的な接近禁止命令がまたもや下されたことが明らかになっている。

『TMZ』が入手した法定書類によれば、判事はレイモンド・ブラックという人物に対してビリー・アイリッシュの自宅から100ヤード以内に接近しないという判決を下している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ