Edward Bishop

Photo: Edward Bishop

エヴリシング・バット・ザ・ガールは24年ぶりとなるニュー・アルバムより新曲“Caution To The Wind”が公開されている。

“Caution To The Wind”は4月21日にリリースされる通算11作目となる新作『フューズ』に収録される。

“Caution To The Wind”の音源はこちらから。

アルバムからは“Nothing Left To Lose”も公開されている。

バンドの再出発とニュー・アルバムについてトレイシー・ソーンは次のように語っている。「皮肉なことに、2021年3月にレコーディングをスタートしたとき、このニュー・アルバムの完成されたサウンドについて、あまり関心事がなかったの。もちろん『待望のカムバック』といったプレッシャーは承知していたから、その代わりにあらかじめ方向性を決めないで、思いつきを受け入れる、オープンマインドな遊び心の精神で始めようとしたのね」

ベン・ワットは次のように続けている。「エキサイティングだったね。自然なダイナミズムが生まれたんだ。私たちは短い言葉で話し、少し顔を見合わせ、本能的に共同作曲をした。それは、私たち2人の自己の総和以上のものになった。それだけでエヴリシング・バット・ザ・ガールになったんだ」

「プロとして長い間離れていた後、スタジオでは摩擦と自然な火花の両方があった」とトレイシー・ソーンは語っている。「私たちがどんなに控えめにしていても、それは導火線に火がついたようなものだった。そして、それは一種の合体、感情の融合で終わった。とてもリアルで生きている感じがしたわ」

新作のトラックリストは以下の通り。

Nothing Left To Lose
Run a Red Light
Caution to the Wind
When You Mess Up
Time and Time Again
No One Knows We’re Dancing
Lost
Forever
Interior Space
Karaoke

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ