GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは今夏にブライトンで行う屋外公演の詳細を発表している。

7月30日に「オン・ザ・ビーチ」と銘打って行われるこの公演にはサポート・アクトとしてザ・ヴァクシーンズ、ザ・コーラル、ギャズ・クームスが出演する。

先日、ノエル・ギャラガーはサマセット・ライヴ・シリーズの一環で8月24日にトーントンのヴァイヴァリー・パークで公演を行うほか、8月27日にダブリンのロイヤル・ホスピタル・キルメイナムで公演を行うことが発表されていた。8月26日には地元マンチェスターのウィゼンショー・パークで公演を行うことも決定している。

また、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズとガービッジは6月から7月にかけて共同ヘッドライナーで北米ツアーを行うことも決定している。

北米ツアーは6月2日のワシントン州オーバーン公演から始まり、サンタバーバラ、ロサンゼルス、サンディエゴ、デンヴァー、ダラス、タンパ、ニューヨークなどを回って、7月15日のマサチューセッツ州ボストン公演で締めくくられる。

ツアーにはメトリックもスペシャル・ゲストとして参加する。ノエル・ギャラガーが北米ツアーを行うのは2019年以来となる。

ノエル・ギャラガーは今年1月に最新シングル“Easy Now”と共に新作『カウンシル・スカイズ』をリリースすることを発表している。

2017年発表の『フー・ビルト・ザ・ムーン?』に続く新作はノエル・ギャラガーにとって過去を取り戻し、マンチェスターのルーツにオマージュを捧げているという。『カウンシル・スカイズ』は「これまで最も多様で、完成度の高いソロ作品」と評されている。

「原点に帰ったんだ。白昼夢の中、空を見上げて、人生がどうなるんだろうと思いを巡らす。それは90年代前半と同じように自分にとっては真実なんだ」とノエル・ギャラガーは説明している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ