GETTY

Photo: GETTY

現地時間1月14日に第88回アカデミー賞のノミネートが正式に発表され、音楽界からはザ・ウィークエンド、サム・スミス、レディー・ガガらが候補に挙がっている。

最優秀歌曲賞には、映画『レーシング・エクシティンクション』よりJ・ラルフ&アントニーの“Manta Ray”、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』よりザ・ウィークエンドの“Earned It”、『007 スペクター』よりサム・スミスの“Writing’s on the Wall”、『ザ・ハンティング・グラウンド』よりレディー・ガガの“Til it Happens to You”、『ユース』よりデヴィッド・ラングの“Simple Song #3”がノミネートされている。

それぞれの楽曲はこちらから。

また、最優秀長編ドキュメンタリー賞にはエイミー・ワインハウスの『AMY』とニーナ・シモンの『ホワット・ハップンド・ミス・シモン?』がノミネートされているほか、最優秀脚本賞にはN.W.A.の『ストレイト・アウト・コンプトン』がノミネートされている。

エイミー ・ワインハウスの生前の姿を追ったドキュメンタリー映画『AMY』は2016年夏に日本公開されることが決定している。

本国イギリスでは2015年7月に公開され、自国のドキュメンタリー映画として過去最高の約10億円の興行収入を記録しており、 国外の作品を含めても『華氏 911』に次ぐUK史上2位の興行成績を記録している。

本作について、レディー・ガガは「彼女は正真正銘のアーティストだった。彼女がいてくれたから、自分は決して一人ぼっちじゃなかった。 人にはない、ものすごく正直なところがあって、そこがとても好きだった。ジャズに生き、ブルーズに生きた、そんな人だった」とツイートしている。

また『NME』のインタヴューでジャスティン・ビーバーは「つい涙がでたよ。メディアが彼女をどう扱ったのか、僕にはわかるんだ」と語っている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ