Erika Kamano

Photo: Erika Kamano

ビーバドゥービーはニュー・シングル“Glue Song”がミュージック・ビデオと共に公開されている。

“Glue Song”はこれまでにライヴで何度か披露されてきた楽曲で、昨年11月に公開された「タイニー・デスク・コンサート」の映像でも披露されていた。

“Glue Song”のミュージック・ビデオはこちらから。

“Glue Song”についてビーバドゥービーは次のように語っている。「この曲は、オーストラリアとアジアを横断するツアー中に、車の後部座席や旅先で書いたの。私にとって、とても意味のある心のこもった曲です。ラブソングであり、新しい関係について初めて書いた曲。私はいつもこのような悲しい曲を書きます。今までの私の曲は、振り返ってみると本当は悲しくなくても、歌詞は悲しくなりがちでした。この曲は、初めて私が本当にハッピーになった曲です。久しぶりにポジティブな気分になって、愛を感じているの。この曲は、私のバンドのギタリストでありプロデューサーのジェイコブ・バグデンの家で、トランペットとストリングスを加えてレコーディングしました。この曲は本当に個人的な思い入れのある曲で、私の故郷であるフィリピンのイロイロ市に行きミュージック・ビデオを撮影しました。私が生まれた場所だから、それもまた曲に個人的なタッチを加えています」

ビーバドゥービーは3月にヨーロッパ・ツアーを行い、3月末からはテイラー・スウィフトの「ジ・エラズ・ツアー」でサポート・アクトを務めることが決定している。

ビーバドゥービーはセカンド・アルバム『ベイアトピア』を昨年7月にリリースしている。

最新作のストリーミングはこちらから。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ