GETTY

Photo: GETTY

デヴィッド・ボウイが『★(ブラックスター)』の後にもう1一枚アルバムをリリースする計画を立てていたことをプロデューサーのトニー・ヴィスコンティが明らかにしている。

『★(ブラックスター)』は、デヴィッド・ボウイが亡くなる2日前にリリースされ、アルバムを通して「死」や「天国」という歌詞がちりばめられていたことから「フェアウェル・アルバム(お別れのアルバム)」だとも言われているが、デヴィッド・ボウイは彼の人生の最後の数週間に5曲のデモをつくり、二人で新作の制作について話をしていたとトニー・ヴィスコンティは明かしている。

「最終段階に来たところで、彼が『★(ブラックスター)』に続く作品を計画してると知って興奮したよ」と、トニー・ヴィスコンティは米『ローリング・ストーン』誌に語り、こう続けている。「そして僕も、彼もこう思ったんだ。最低でも数ヶ月はあるってね。彼が次の作品を作ることに興奮していたということは、明らかに彼自身もあと数ヶ月はあると思っていたはずなんだ。だから、最期はかなり急だったにちがいないよね。僕は当事者じゃないんだ。だから、僕には正確にはわからない。だけど、あの電話のあと、彼は急激に具合が悪くなったのだと思う」

トニー・ヴィスコンティは『★(ブラックスター)』のレコーディング中に、長年一緒に仕事をしてきた相手がこのアルバムで何をしようとしているかに気づいたという。トニー・ヴィスコンティは「この抜け目のない人でなしが。君はフェアウェル・アルバムを作っているんじゃないか」と語ったという。

また別の報道では、デヴィッド・ボウイの最後のアルバム『★(ブラックスター)』のセッションでレコーディングされた未発表音源が死後にリリースされるかもしれないとも報じられている。

トニー・ヴィスコンティは、2015年のはじめにデヴィッド・ボウイからガンを患っていると聞かされた時のことも次のように語っている。「化学療法のセッションのあと、すぐに来たみたいで、眉毛がなくて、彼の頭には髪の毛もなくてね、バンドに秘密にしておく術は絶対になかったんだ。でも、彼は僕だけに伝えてきたんだ。面と向かって座って、その話をした時は本当に胸が詰まる思いだった。化学療法は最初のうちはうまくいっているようで、2015年中旬にはガンの兆候が消えたんだけど、11月に突然ガンが再発して、彼はそれが末期だとわかっていたんだよね」

報道によれば、デヴィッド・ボウイはニューヨークで火葬されたことも明らかになっている。『ザ・デイリー・ミラー』紙によると、デヴィッド・ボウイは友人や家族の立会いはなく、しめやかに火葬されたという。これは「騒ぎ立てなしにそうしたい」という本人の意志によるものだと報じられている。

デヴィッド・ボウイは、公式の声明によれば「18ヶ月に及ぶガンとの闘病生活の末」、1月10日に亡くなっている。報道によれば、6度の心臓発作を経験した後、肝臓ガンのために亡くなったという。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ