PRESS

Photo: PRESS

デヴィッド・ボウイは映画『デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム』 を手掛けたブレット・モーゲン監督が来日して、2つのイベントに出演することが決定している。

カート・コバーンのドキュメンタリー作品『モンタージュ・オブ・ヘック』を手掛けたブレット・モーゲン監督による『ムーンエイジ・デイドリーム』は長編映画、コンサート・ドキュメンタリーにして「体験型映画的オデッセイ」だと評されている。日本では2023年3月24日に劇場公開が決定している。

ブレット・モーゲン監督は以下のイベントに出演することが決定している。

ブレット・モーゲン監督来日記念! IMAXレーザープレミア上映
日程2月9日(木)18:30〜(予定)
場所:TOHOシネマズ日比谷 スクリーン4(東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 4F)
ゲスト:ブレット・モーゲン監督、スペシャルゲスト
チケット購入方法
TOHOシネマズ 日比谷HP(https://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/081/TNPI2000J01.do
2月3日(金)00:00(=2月2日(木)24:00)〜TOHOシネマズ 日比谷 劇場窓口2月3日(金)劇場オープン〜
料金:2,500円(税込)

『デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム』ーデヴィッド・ボウイとは一体何者だったのか
日程:2月10日(金)19:30〜21:00
場所:銀座 蔦屋書店 BOOK EVENT SPACE(東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F)
ゲスト:ブレット・モーゲン監督×上條淳士(漫画家) MC:みの(YouTuber/ミュージシャン/音楽評論家)
イベント参加方法は後日、銀座 蔦屋書店イベントページにて受け付られる。

本予告映像はこちらから。

本作はデヴィッド・ボウイの遺産管理団体が初めて許可を出した映画で、未発表の映像やデヴィッド・ボウイ自身によるナレーションが使われている。

プレス・リリースでは次のように説明されている。「『ムーンエイジ・デイドリーム』は我々の時代において最も多作で影響力のあるアーティストの一人であるデヴィッド・ボウイの人生と才能に光を当てるものです。映画は彼自身の声を通して、この有名なアイコンをつまびらかにして、オリジナルの音源からミックスされた48のトラックが使用されています」

映画の概要は以下の通り。

映画『デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム』
監督・脚本・編集・製作:ブレット・モーゲン『くたばれ!ハリウッド』『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』
音楽:トニー・ヴィスコンティ(デヴィッド・ボウイ、T・REX、THE YELLOW MONKEYなど)
音響:ポール・マッセイ『ボヘミアン・ラプソディ』『007 ノータイム・トゥ・ダイ』
出演:デヴィッド・ボウイ
2022年/ドイツ・アメリカ/カラー/スコープサイズ/英語/原題:MOONAGE DAYDREAM/135分/字幕:石田泰子/字幕監修:大鷹俊一
配給:パルコ ユニバーサル映画
2022 STARMAN PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
2023年春、TOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイントほか全国公開

更なる詳細は以下のサイトで御確認ください。

http://dbmd.jp

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ