GETTY / Nintendo

Photo: GETTY / Nintendo

レディオヘッドは主に『スーパーマリオ64』のサウンドを使って『イン・レインボウズ』を再現した音源がオンラインで公開されている。

クリエイターの「on4word」は“Weird Fishes / Arpeggi”や“Reckoner”、“Nude”、“Videotape”といった楽曲を主に『スーパーマリオ64』の音色を使って再現して、42分26秒の音源を効果している。

公開されている音源はこちらから。

クリエイターの「on4word」は他にもカヴァーを公開してきており、テーム・インパラの“The Less I Know The Better”、エイフェックス・ツインの“Alberto Balsalm”、ナイン・インチ・ネイルズの“Head Like A Hole”などのカヴァーが公開されている。レディオヘッドでは“No Surprises”もカヴァーされている。

先日、レディオヘッドのドラマーであるフィル・セルウェイはバンドが2023年初めに「集まる」ことになると語っている。

レディオヘッドが最後にリリースしたアルバムは2016年発表の『ア・ムーン・シェイプト・プール』で、最後のツアーは2018年となっている。2021年、レディオヘッドは『キッド A』、『アムニージアック』期の音源をまとめた『キッドAムニージア』をリリースしている。

「これまでは『キッド A』と『アムニージアック』期のものにすごく精力を注いできたわけだよね。リイシューを通して振り返ったことで、そこからゲームのシナリオが生まれるというのは自然な成り行きだよね」

「2023年の初めに集まることになるよ。次のことへの他のアイディアに目を向け始めるんだと思う。『ヘイル・トゥ・ザ・シーフ』も、あのアルバムが出てからだいぶ経っただろ?」

フィル・セルウェイは2月24日に3枚目となるソロ・アルバム『ストレンジ・ダンス』をリリースすることが決定している。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ