GETTY

Photo: GETTY

U2のフロントマンであるボノはバンドが常に解散の危機にさらされていることを冗談めかして語っている。

U2は40曲を収録したコンピレーション『ソングス・オブ・サレンダー』を3月17日にリリースすることを発表している。ジ・エッジはU2の作品の多くが「自分たちが非常に若い時に書かれてレコーディング」されたとして、歳月の中で曲は変化を遂げて、「今では自分たちにとって違ったことを意味するようになった」と説明している。

今回、ポッドキャスト『スマートレス』に出演したボノはバンドでは衝突が絶えず、常に解散する可能性があったことを振り返っている。「今も続けていることに驚かされるよ」

「バンドにいるというのは大変なんだ。歳を取ると、余計に難しくなっていくんだ。一緒に歳を重ねると、やり合うようになるんだよ」

彼は次のように続けている。「口論があるのはいいんだ。でも、ある時点でうまくいっていると、男は自分の領域の支配者になりたがるんだよ。荒っぽいんだよね」

「『くそ、もう出ていく』となる理由は想像できるだろ。そういうものだと思うし、バンドというのはいつだって解散しそうになるんだ。それで元に戻る。そうなっていることに感謝しているよ」

ジ・エッジは『ソングス・オブ・サレンダー』について次のように語っている。「音楽はタイムトラベルを可能にする。そこでこれらの曲を現代に持ち帰り、21世紀風に再構想したなら、どんな恩恵がもたらされるのか否か、それを知りたいと僕らは思い始めた」

「最初は一種の実験として始まった試みだったが、初期のU2の楽曲の多くが新たな解釈によって生まれ変わるうちに、気づけば僕らは夢中になっていた。ポストパンクの衝動は親密さにとって代わり、新たなテンポ、新たなキー、場合によっては新たなコードが試され、新たな歌詞が施された。本当に素晴らしい曲というのは、容易に破壊されないことが分かった」

『ソングス・オブ・サレンダー』の日本盤は、40曲入・CD4枚組ボックスセット(ナンバリング入り完全生産限定盤)、40曲の中から20曲を収録したCD初回限定デラックス盤、同様に17曲を収録したCD通常盤(日本盤ボーナス・トラック1曲収録)の3形態がリリースされる。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ