GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのフロントマンであるアクセル・ローズは亡くなったリサ・マリー・プレスリーに追悼の意を表している。

リサ・マリー・プレスリーの訃報は母親であるプリシラ・プレスリーによって発表されている。「私の美しい娘であるリサ・マリーが私たちの下を旅立ちました。彼女は知る限り最も強く情熱的で、愛のある女性でした」

リサ・マリー・プレスリーは訃報に先立って心停止の可能性で救急搬送されたことが明らかになっていた。報道によれば、救急車は1月12日にリサ・マリー・プレスリーのカラバサスの自宅に呼ばれ、救急隊員が心肺蘇生を行ったという。

アクセル・ローズは『ピープル』誌に独自の声明を発表している。「友人であるリサのことが惜しまれます。彼女の息子、子どもだった頃の彼女の父親と同様に現実のこととは思えません。リサは家族やすべての子どもたちを愛しています。思いを彼らに捧げています」

リサ・マリー・プレスリーはエルヴィス・プレスリーとプリシラ・プレスリーの間に生まれた唯一の子どもで、1980年に父親の遺産の唯一の相続人となっている。

彼女は自身がミュージシャンでもあり、2003年から2012年にかけて3枚のスタジオ・アルバムをリリースしている。2003年発表の『リサ・マリー・プレスリー』、2004年発表の『ナウ・ホワット』は全米チャートでトップ10入りを果たしている。

リサ・マリー・プレスリーは4度結婚しており、1988年から1994年まではダニー・キーオと婚姻関係にあり、2人の子どもをもうけている。2020年、子どもの1人であるベンジャミン・キーオは27歳で亡くなっている。

リサ・マリー・プレスリーはマイケル・ジャクソンと1994年に18ヶ月にわたって婚姻関係にあり、2002年には俳優のニコラス・ケイジと結婚している。リサ・マリー・プレスリーが最後に公の場に姿を見せたのは2023年のゴールデングローブ賞受賞式で、バズ・ラーマン監督の『エルヴィス』に関連して母親と共に出席していた。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ