YouTube

Photo: YouTube

フー・ファイターズのデイヴ・グロールはプロデューサーのグレッグ・カースティンと共にベックと“E-Pro”で共演したライヴ映像が公開されている。

ここ数年、ハヌカーの時期にデイヴ・グロールとグレッグ・カースティンはカヴァーを動画などで披露してきたが、今年は250人定員のロサンゼルスのラルゴでライヴを行っており、その模様が公開されている。

パフォーマンス映像はこちらから。

これまでにハヌカー・セッションではブラッド・スウェット・アンド・ティアーズの“Spinning Wheel”のカヴァーとP!NKと共演した“Get The Party Started!”、10ccの“The Things We Do For Love”やジャニス・イアンの“At Seventeen”のカヴァーが公開されている。

ハヌカー・セッションが行われるのは今年で3回目で、2020年のセッションではドレイク、ビースティ・ボーイズ、ピーチズ、ボブ・ディラン、マウンテン、エラスティカ、ザ・ナック、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの楽曲をカヴァーしていた。

翌年の2021年にはビリー・ジョエル、ヴァン・ヘイレン、バリー・マニロウ、リサ・ローブ、ラモーンズ、エイミー・ワインハウス、ザ・クラッシュ、キッスのカヴァーを披露している。これらのカヴァーは最初にYouTubeで公開された後、ストリーミング・サービスにも追加されている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ