GETTY

Photo: GETTY

アイアン・メイデンのドラマーであるニコ・マクブレインは2020年に喉頭ガンと診断されたが、今は寛解しているという。

ニコ・マクブレインは喉頭ガンについて昨年行われた一つのインタヴューだけで明らかにしていたが、それ以外では語られてこなかった。

ニコ・マクブレインはガンと診断された後、マイアミ大学ミラー医学校のシルヴェスター総合ガン・センターで内視鏡手術を受けたという。

マイアミ大学のインタヴューでニコ・マクブレインはパフォーマンスが原因ではない声の変化があったことで検査を受けることになったと語っている。

「バンドとドラムを演奏している時に柔道家がマットに叩きつけるみたいに叫び声を上げていたんだけどね。風邪をひいて静かな部屋で横になっている時に自分の声を頭の中で聴いてみたら、違った音がしたんだ。それが自分に起こったことだった」

彼は次のように続けている。「それで思い出したんだ。ツアーを終えた後やライヴの後も自分の声が違って聴こえていたことをね。風邪で症状がない時も会話の時に喉を鳴らすことが多くなったと思い始めて、医師に連絡を取って、診てもらうことにしたんだ」

1週間のうちにニコ・マクブレインのガンは切除され、ガンが再発していないかの検査を数ヶ月に一度行っているという。

医師のデヴィッド・E・ローゾーは次のように語っている。「ニコのように声の変化で症状が現れることは多く、腫瘍が1~2ミリと小さいことが多いので、腫瘍を完全に除去することが容易になります。早期(ステージ1)の腫瘍の予後は良好で、治癒率は95%以上と公表されています」

ニコ・マクブレインは次のように語っている。「声がなんか変だと思ったら、検査を受けてみることを進めたい。先延ばしにしないでほしいんだ。ステージ1で見つけられたことは自分にとっては素晴らしいことだった」

アイアン・メイデンは10月27日にフロリダ州タンパで行った公演で北米ツアーを締めくくっており、2023年はUK&ヨーロッパ・ツアーを行うことが決定している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ