GETTY

Photo: GETTY

ザ・ローリング・ストーンズのドラマーであるチャーリー・ワッツの妻のシャーリー・ワッツが亡くなった。享年84歳だった。

「大きな悲しみと共にセラフィーナ、シャーロット、バリーは非常に愛された母親、祖母、義母であるシャーリー・ワッツが亡くなったことを発表します。シャーリー・ワッツは短い闘病の末に家族に囲まれて、12月16日にデヴォンで穏やかに亡くなりました」

「彼女の姉妹であるジャッキーとジル、兄弟であるスティーヴンによって悲しくも惜しまれることになるでしょう。今は愛するチャーリーと永遠の再会を果たしているはずです」

チャーリー・ワッツとシャーリー・ワッツは共にロイヤル・カレッジ・オブ・アートに通ってきた1961年に出会っている。3年後に2人は結成したが、自身のキャリアを傷つける恐れがあったため、ザ・ローリング・ストーンズのメンバーにも結婚のことは隠していた。シャーリー・ワッツはその後、彫刻家、芸術家、よく知られた馬主となっている。

チャーリー・ワッツが享年80歳で亡くなった2021年8月までその婚姻関係は続いていた。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ