GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュはロサンゼルスのフォーラムで行った公演でスペシャル・ゲストとしてフィービー・ブリジャーズとデイヴ・グロールを迎えている。

ビリー・アイリッシュは今年を締め括る形で12月13日、12月15日、12月16日にロサンゼルスのフォーラムで公演を行っている。

初日の12月13日にはラビリンスが参加してドラマ『ユーフォリア』に提供した“I’ve Never Felt So Alone”を披露したが、12月15日の公演ではデイヴ・グロールをステージに迎えてフー・ファイターズの“My Hero”を披露したほか、フィービー・ブリジャーズを迎えて“Motion Sickness”で共演を果たしている。

観客が撮影した共演の模様はこちらから。

先週、ビリー・アイリッシュは2023年のレディング&リーズ・フェスティバルのヘッドライナーを務めることが発表されている。他のヘッドライナーはルイス・キャパルディ、フォールズ、ザ・キラーズ、サム・フェンダー、イマジン・ドラゴンズとなっている。

また、ビリー・アイリッシュはニュー・アルバムに取り組み始めたことについて語っている。

『ヴァニティ・フェア』で毎年やっているインタヴューで最近も兄のフィニアスとコラボレーションしているかと訊かれて、ビリー・アイリッシュは次のように語っている。「ずっと会っているわ。今もね。もう一度、音楽を作り始めた。アルバムを作るプロセスを始めたところなんだけど、本当に楽しいわ」

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ