GETTY

Photo: GETTY

ゼイン・マリクが、現在も交流のある唯一のメンバーはリアム・ペインで、それ以外のメンバーからはショート・メールも電話も無視されてると語っている。

ゼイン・マリクは、現在は活動休止しているワン・ダイレクションを昨年3月に脱退しており、今はソロ・キャリアに乗り出している。以前に彼は別の雑誌のインタヴューで他のメンバーとの緊張関係についてほのめかしていたが、今回、誰が彼と話そうとしないのか名指ししている。

『ルオモ・ヴォーグ』誌に、ワン・ダイレクションのメンバーと接触はあるのかと尋ねられたゼイン・マリクは、ハリー・スタイルズとルイ・トムリンソン、ナイル・ホーランの3人とは、彼が脱退した3月以来、喋っていないことを認めている。

「本当のこととして、メンバーの何人かとはまったく喋っていないんだ。リアムとはちょっと喋ったけどね。そんなもんだよ」とゼイン・マリクは語っている。「何人かとは連絡をとってみようとしたんだけどね、返事はもらえなかったね」

ゼイン・マリクはさらに、インタヴューの中でメンバーがゼインと話してることについて嘘をついたことを示唆している。「公の場でそれについて訊かれたら、僕とは話していて、友達だって答えてるけどね。でも、そんなことはないんだ。僕は連絡をとってみようとしたし、友達でいたかったんだけど、彼は僕のショート・メールにも電話にも返事をくれなかったんだ」

ゼイン・マリクは先日ワン・ダイレクションの音楽について「バカみたいに一般的」と発言し、女性の前で自分たちの音楽をかけるのは気まずかったと話している。

ワン・ダイレクション脱退後、ゼイン・マリクはRCAとソロ契約を結び、50セントからの助言やオッド・フューチャーのタイラー・ザ・クリエイターからのコラボの提案を受けている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ