PRESS

Photo: PRESS

デヴィッド・ボウイがニューヨークで火葬されたと報じられている。

『ザ・デイリー・ミラー』紙によると、デヴィッド・ボウイは友人や家族の立会いはなく、しめやかに火葬されたという。これは「騒ぎ立てなしにそうしたい」という本人の意志によるものだと報じられている。

情報筋は『ザ・デイリー・ミラー』紙に次のように語っている。「公にもプライベートでも式は行われません。一般での追悼式もありません。何も行われることはないのです」

『ガーディアン』紙によれば、火葬は死後まもなく行われたという。

デヴィッド・ボウイは、18ヶ月に及ぶガンとの闘病生活の末、1月10日に亡くなっている。報道によれば、6度の心臓発作を経験した後、肝臓ガンで亡くなったという。

『★(ブラックスター)』はデヴィッド・ボウイの69歳の誕生日である1月8日にリリースされており、その後まもない1月10日にデヴィッド・ボウイは亡くなった。

『★(ブラックスター)』のセッションでレコーディングされた未発表音源が死後にリリースされるかもしれないと報じられている。

今週、『★(ブラックスター)』は全米でも全英でも1位を獲得するものと見られており、『ザ・ロサンゼルス・タイムズ』は、いまだなお聴かれていないデヴィッド・ボウイの音源がリリースされるかもしれないと報じている。

サシャ・フレール・ジョーンズは、デヴィッド・ボウイが亡くなる前に公開された記事で次のように記している。「今回のセッションからは、まだリリースされていない楽曲が5曲存在している。なので、次のクリスマスを楽しみにして、デラックス・エディションとしてリリースされるのを願っていてほしい」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ