GETTY

Photo: GETTY

AC/DCのヴォーカリストであるブライアン・ジョンソンは会って「畏怖の念を抱いた」有名人を明かしている。

ブライアン・ジョンソンは今年、自伝『ザ・ライヴス・オブ・ブライアン』を刊行しており、本書は「コーラス団の少年からボーイスカウト、そしてシンガー」になった半生を幼少時代から追ったものとなっている。

QFM96の番組『トーグ&エリオット』に出演したブライアン・ジョンソンは会って「畏怖の念を抱いた」有名人としてポール・マッカートニーの名前を挙げている。「うん。そういうこともあった。ポール・マッカートニーがそうだよね。なんて話せばいいのか分からなかった。だから、最初は黙ってしまった」

ブライアン・ジョンソンは次のように続けている。「そして、リンゴ・スターがそばに来ると、ポールが僕に話かけてくれたんだ。僕が他の人と話をしているのを聞いてね。『やあ、ジョーディー』と言われたんだけど、僕らはジョーディーというバンドだったからね。僕としては『こんにちは。ポール。サー・ポール。閣下。陛下』という感じで、なんて呼べばいいのかも分からなかった。すごく気まずい感じになったよ。話すことすらできなかったからね。きつかったよ。でも、その後は友人になったんだけど、何とも言い難いね。ポール・マッカートニーみたいな人とホテルで一緒にいて、『ランチでもどうだい?』と言われると、『はい』と言うしかないからね」

先日、ブライアン・ジョンソンは今後の音楽活動についての見通しについて語っている。

今後もツアーやレコーディングを行っていく予定はあるかと訊かれたブライアン・ジョンソンは次のように答えている。「また音楽をやりたいよ。誰かのゲストに参加するにせよ、連中とライヴをやるにせよね。『地獄も凍りつくほど、絶対にあり得ない(hell freezes over)』という言葉があるけど、何度もみんなが『もうやることはない』と言っているのを聞いたよ。でも、自分はやる気なんだ。誰もがもっと音楽を作りたいと思っているんじゃないかな」

自伝『ザ・ライヴス・オブ・ブライアン』についてAC/DCの記述がそれほど多くない理由についてブライアン・ジョンソンは次のように続けている。「AC/DCの本は書きたくなかったんだ。それだと僕の本じゃないからね。そういう本にはしないよ。自分が語るべき話じゃないからね。それは最初からやっていた人が書く本だと思う。自分もそれが読みたいしね。マルコム・ヤングとアンガス・ヤング」

「マルコム・ヤングとアンガス・ヤングがミーティングをして、『よし、これをやろう』となり、ドラマーとシンガーを迎えるというね。誰かがやりたくなって、そういう本が出たら素晴らしいと思うよ。でも、それは僕の本じゃない。最近のことだけを書いた本や、加入してから現在までを書いた本だと、起こったことの日記や記録にしかならないと思うよ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ