PRESS

Photo: PRESS

リンゴ・スターはチャリティのために自身の手の実物大レプリカを2000ドルから販売されることが明らかになっている。

ジュリアンズ・オークションで販売されるピースサインを型どった実物大レプリカはブロンズ製とステンレス製の2種類があり、いずれもサイン入りとなり、証明書とケースが付属する。どちらも250セット限定で、ブロンズ製は2000ドル、ステンレス製は5000ドルで販売される。

「リンゴ・スターのピースサインを型どった実物大の手は過去50年間にわたって世界に発信されてきたメッセージの象徴となっています」とオークションのサイトには記されています。「リンゴ・スターは様々な形でメッセージを届けてきました。彼は毎年、誕生日の日にファンにピースサインを掲げるように呼びかけ、カリフォルニア州ビヴァリー・ヒルズには2.4m、362kgの銅像も建てられました。収益はすべて様々なチャリティ活動を支援しているロータス・ファウンデーションに寄付されます」

リンゴ・スターは今年9月に4曲を収録した『EP3』をリリースしている。同作はロッカベラ・ウェスト・スタジオでレコーディングされ、長年のコラボレーターであるスティーヴ・ルカサー、リンダ・ペリー、デイヴ・コズ、ホセ・アントニオ・ロドリゲス、ブルース・シュガーらが参加している。

リンゴ・スターは『EP3』について次のようにコメントしている。「私は機会があるごとにスタジオで曲作りとレコーディングをしている。それは常に行ってきたことであり、これからもやり続けるだろう。“EP”を頻繁にリリースすることで、私はクリエイティヴであり続け、各楽曲にさらに愛情を注ぐことができる」

『EP3』のストリーミングはこちらから。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ